プロフィール

まさもり

Author:まさもり
神戸出身、20代♂です。
3年間勤めた会社を休職し、現在パプアニューギニアのマダン州アンバリーナ・バイタバグ小学校でGrade7に理科と数学を教えてます。

自分の足で1歩外へ飛び出てみることにしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
シンガポールからの寄付
先週の金曜日、大量の寄付がやってきた。


椅子100脚に、コピー用紙2500枚×30箱。


たまにオーストラリアから古本や文房具の寄付(段ボール数箱分)はあるが、
ここまで大量な寄付は私が赴任してから初めて。

<椅子100脚>                 <コピー用紙>
Chairs photocopy papers

私としては、椅子にはあまり興味はないが、
コピー用紙は非常にありがたい。

参考書をコピーして生徒に見せたり、
テストを実施する際には欠かせない。
私が赴任した当初、先生同士でコピー用紙の高騰が話題になっており、
できるだけコピーを控えていたので、ほんとありがたい。

シンガポールありがとう!!


ちなみに、計算してみました。
●テストだけに使った場合
今回寄付されたコピー用紙のうち、Grade8に支給されたのは4箱(2500×4)。
全7教科のうち理科と数学に割り当てられるのは、2500×4×2/7≒2900枚。

私の担当しているGrade8には、40人弱のクラスが2クラスあるため、
1回テストを実施すると、40×2の80枚が必要となる。

すると、2900÷80≒36回程度テストが実施できる計算になる。
年間4タームあるので、1タームに実施できるのは36÷4≒9回。
理科と数学があるので、各4、5回程度。
参考書のコピーや雑用に使うことを考えるとそれ以下。


大量に見えたけど、あっという間に無くなってしまいそう。



印刷に使うコピー用紙の量って半端ないね。
世界では1日にどんだけのコピー用紙が使われてるんだろ?
そのために、どんだけの木が伐り倒されているんだろ?


それは本当に必要な印刷なのか、もう一度考え直してもいいかもしれませんね。

PNG | 【2012-02-19(Sun) 11:01:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。