プロフィール

まさもり

Author:まさもり
神戸出身、20代♂です。
3年間勤めた会社を休職し、現在パプアニューギニアのマダン州アンバリーナ・バイタバグ小学校でGrade7に理科と数学を教えてます。

自分の足で1歩外へ飛び出てみることにしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
私の仕事~アンバリーナ小学校~
マダンに来てから約1か月が過ぎました。

なかなか更新できずにごめんなさい。
ネット環境が非常に悪く悩まされているところです。。


生活の方は少しずつですが慣れてきました。
火起こし、夜の水浴び、洗濯物の手洗いetc.

この前は初めてニワトリ(ピジン語でカカルック)をさばくのを見ました。
生で見るのは初めてでかなり残酷・・・でも、こうやって私たちの口に入ってくるんだよね。
今まで見たことがなかったのが恥ずかしく感じる。
パプアでは小学生の子供でも自分でさばけるのに。
日本ではそういった残虐な実状を隠そうとするあまり、
食べ物に対するありがたみ、命の大切さに鈍感になってるような気がするね。
もっと実態を知った方がいいように思う。

味は新鮮なこともあってか、かなりおいしかった。
タロイモ・ヤムイモと一緒にいただきました!



学校での授業ももう始まってます。
今日は私の仕事に関して書きたいと思います。

その前に、パプアの学校制度について少し触れたいと思います。

<パプアの学校制度>
パプアでは、基礎教育(Elementary3年+Primary6年)を9年間設けている。
基礎教育を終えると試験を受け、
合格したものはSecondary4年、そしてUniversityへと進む。

パプア政府としては、すべての子供に9年間の基礎教育の機会を提供することを目標としている。
しかし、現状はPrimaryを卒業する子供は全体の50%。
Universityに行ける人は1%以下と言われている。
その理由として、下記の理由が挙げられる。
・教育費が払えない。(無償教育ではない。一夫多妻制が認められているため、1家族の子供の数が多い。)
・児童が就労する。
・部族闘争による影響。(パプアには800以上の部族が未だに存在している。)
・家から遠い。(1時間以上歩いてくる子も結構いる。)
●学力が足りない。(試験に落ちる子が多い。)
●先生の数、知識が足りない。

JICAボランティアとしては、下記2点(●印)を補強するために
現在パプアニューギニアにて活動を行っている。


<私の仕事>
私が勤めている学校の名前は、アンバリーナ小学校(Ambarina Primary School)といいます。
アムロン・バイタバグ・リウォ・ナガダという4つの村の子供たちが通っている学校。
各村の頭文字を取ってアンバリーナという名前になってます。
全校生徒数も多く600人程度。
(学年があがるにつれ生徒数は少なくなってます。やはり上記理由で。)


指導している学年はGrade7で、科目は理科。
週5コマの授業を2クラス担当している。(1コマ30分または60分。)
生徒は1クラス40人程度。

こちらの理科の授業を見学させてもらったけど、
なによりもまず教科書の数が足りないっ!
先生が教科書を20冊弱保管しており、授業の度に配っている。2人または3人に1冊。
日本の教科書とは異なり活字が多く、読む気がうせてしまう。

黒板には教科書の内容をそのまま書き写す。
生徒のノートが教科書代わりになるので致し方ないところはあるが、
板書に非常に時間を取られているように感じる。
授業自体も特に実験をするわけでもなく、先生の経験・知識をお話(トクトク)するだけで終わってしまう。

ということで、私としては下記の点を改善点として授業を行っている。
・実験を取り入れる。(実験器具がないので、生活用品で代用。)
・文字ではなく、絵で説明する。(トクトクはまだ難しいね。)
・要点を書く。丸写しはしない。
・教科書は基本的に使わない。(教科書の数が足りない!見れない子もたまにいるので、
なくても理解できるように説明する。)

生徒はというと、日本の子供たちより積極的に感じる。
全体に質問すると即座に何かしらの答えが返ってくる。意図した答えが返ってくるかは別にして。


先日、理科の小テストを実施してみた。
すると意外にもみんなの点数がよかったんよね。
平均点が6~7割程度、満点も数人いた。
自分の授業(英語)を理解してもらえているか不安であったためほっと一安心♪

しかし、中には0点の子もいるのよね。
その子は出席日数も非常に低い子で、英語の理解力も低いよう。
致し方ないと言えば致し方ないのだが、そのままほっていていいものか。
悩ましいところです。


来週で3ターム目が終わります。
それまでに生徒の点数をつけなければならないため、
来週も小テストをしたいと思ってます。

今は授業をするのに精いっぱいですが、
学力upができるような授業を取り組んでいきたいと思っています。

PNG | 【2011-09-09(Fri) 20:02:40】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-11 日 14:30:36 | | # [ 編集]
コメントありがとう^^
ううん、ほんと悪戦苦闘してます。
これでいいのか、次どうしたらいいのか迷いながらの毎日です。

優ちゃんは先生に教えてるんや!
たくまもバヌアツで同じようなことやってるみたいね。

そうね。スペイン語は大変よね。
英語ですらきついと感じてるのに。。
でも今は頑張るしかないね!

優ちゃんもがんばってね♪
ほんまファイトやー♪
2011-09-11 日 18:10:18 | URL | まさもり #- [ 編集]
>twitterにコメントくれたみなさま
ここのネット環境ではtwitterが見れないようです。
なので、みなさんに返信することができません。
でも、みなさんのメッセージはメールを通して見れてますのでたまに書き込んであげてください^^


>かずま
従兄弟は遠くでがんばってるよー♪
りょうまとおいでー

>そばじ
俺よりは間違いなく英語はうまい。
みんな小学校から英語を習いだすんだけど、上手だね。
やっぱり小さいころからやるべきだわ。
でも、中にはイマイチの子も。
どこまで理解してくれてるのか不安。
そうね。できれば理科実験をまとめたいね^^

>あっきーな
心配かけてごめんね。
なかなかネットが繋がらずで、更新できませんでした。
無事に生きてますよー♪
先進国に比べて物が自由に使えないのは大変だね。
がんばるよー。

>あおきくん
やってますよー^^
今のところはですが。
2011-09-13 火 19:54:25 | URL | まさもり #mQop/nM. [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。