プロフィール

まさもり

Author:まさもり
神戸出身、20代♂です。
3年間勤めた会社を休職し、現在パプアニューギニアのマダン州アンバリーナ・バイタバグ小学校でGrade7に理科と数学を教えてます。

自分の足で1歩外へ飛び出てみることにしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
”恵の雨” と ”脅威の雨”
今週から新たに4学期目がスタート。
私の担当教科も数学が加わった。
この国の数学レベルはかなりひどい。

私 「5÷2はいくつ?」
生徒A 「8」
私 「ん?違うよ。」
生徒B 「3」
私 「おしい。」
生徒C 「2」
私 「その間。」
生徒D 「2.2」
私 「・・・。」

誰も答えられない。当てずっぽうである。
日本でいう中学1年生の生徒たち。
先行きは不安だらけだが、やりがいはありそうなので頑張ってみたい!



話は変わって、私の家の横に日々位置しているワラタンク(水タンク)をご紹介。

以前、紹介したこのワラタンク。
私の生活の源。
朝顔洗うのにも使うし、洗濯にも使う、お風呂代わりにももちろん使う。
ワラタンクなくして我が生活なし。

大きさはというとけっこうでかい。
私の身長が170cmなので、2mちょっとはあるかな?
満タンであれば、1ヶ月くらいはもつのかな。

<ワラタンクと私>
ワラタンクと私

しかし、それはあくまで1人で使った場合である。

ここパプアは共有文化。
もちろんこのワラタンクも例外ではない。
同居人Mr.サムライは仕方ないとして、ご近所さんは当たり前。
小学校の生徒も休み時間に使いに来る。
単純に計算すると、このワラタンクひとつを600人以上の人が自由に使える状態なのである。

雨季ならまだいい。今は乾季(6月~11月)。
つい先月の3学期が終わる直前、一切雨の降らない日が続いていた。


ワラタンクの中にどれくらい水が残っているかを確認する方法は“打音”である。
「コンコンっ」と叩いた時の反響音で残量を確かめる。

その「コンコン」。
どこを叩いても同じ「コンコン」。
まだまだ未熟者の私だから分からないのかと思い、
Mr.サムライに確認してもらったがやはり音に変化なし。


やばいっ・・・水不足。


日本の場合、水不足になりそうになったら事前に節水を求められる。
なので、水が完全に無くなるということはまずない。
しっかり管理できているからこそなせる技である。


何度も言うが、ここはパプア。
なくなってから気づく文化。
幸いにもまだ多少残っていた。
緊急対策発動である。


緊急対策① 生徒の使用禁止
まず、最も分母の多い生徒の使用を禁止とした。
休み時間になると普段ラグビーやサッカーをして遊びまくっている子供たちだが、遊びも禁止となった。
汗をかくとワラが欲しくなるからである。


緊急対策② お風呂は川で
今までワラタンクからバケツに水を貯めて身体を洗っていたが、
この水の量も馬鹿にはできない。たかが1杯、されど1杯。

現地の村人はたいてい皆、川で身体を洗っている。
とはいえ、蚊が多い。
マラリア多発国パプアでそんな危険は冒せないということで距離を置いていたが、
つべこべ言っている場合ではない。生命の危機である。
ということで、川でのお風呂を決行。
(これをきっかけに、川の気持ちよさに気づき、現在は川を愛用してます。
しかし、このときは決死の覚悟。)


緊急対策③ ガマン
何でもそうだが、最後の手段は我慢である。
出来る限りの水使用量を減らし、節約生活を行った。


本当になくなったらどうなるんだろうという不安を覚えながら、
緊急対策に身を委ねた。


3日後、雨が降った!!!それも大雨っ!!!!


これほど雨がうれしいと思ったことはない。
まさに“恵の雨”。
1日中降り続いた大雨はワラタンクを半分まで回復させ、
綱渡りの生活に終止符を打った・・・


かに思われた。


それからというもの、毎日のように雨、雨、雨。
雨季到来!?
パプアの雨は半端ない。
小雨なんて存在しない。降れば土砂降り!
我が家の周りにはお池ができる始末。
家が高床になっている意味を初めて理解した。

しかし、敵は下からではなかった。

朝起きると家の中が濡れている。
窓の隙間から入ってきたのか?
いや、それにしては飛び過ぎだ。


雨漏りである。
それも3か所も・・・

雨が降る度にコップの緊急発動。


ふぅ・・・


と、ちょうどこのブログを書いている間にも突然の雨。
おかげで洗濯物がびしょ濡れ。。。



地面はぐちょぐちょ、家の中は雨漏り、洗濯物は濡れる・・・
今は雨が脅威でしかない。



ほんと、この国には“いい加減”というものはないのだろうか。


PNG | 【2011-10-08(Sat) 15:55:38】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

おっす、おら悟空。ひさしぶり


最近、日本も何かの前兆か、、けっこう自然の脅威にさらされておりますよ。
ウチの実家の方でも、雨で牛が200頭くらい川に流されて、次の日海で牛が泳いでる狂気の光景やったらしい。。


ところで、あなた、ガリガリやないかーい!!!私はどんどん、ブックブク。
2011-10-08 土 20:17:48 | URL | うー #- [ 編集]

>うー
牛も泳ぐ世の中になりましたか。。
世界はどうなっていくのかねぇ。

そんなガリガリかなぁ?
体重計がないから今の体重が分かりません。。
うーちゃん、ほどほどにね(笑)

2011-10-10 月 21:08:29 | URL | まさもり #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。